Ninveidersのゆる~り忍法帖

Ninveidersのブログです。 音楽をはじめ気になったことや、活動報告など多岐にわたって記事にしています。

5月分の活動内容です。
特に目立った活動していなくない?


 OwMyOwl

Ninveidersの新作用のWIPを上げたり。
音ゲーに精を出してます。
最近はIIDXと太鼓を遊んでいたり。
アイコンを変えたりしました。
園田さんが推しなので。本当はスノハレVerが良かったのですが、どこのゲームセンターも辛く未だに入手できていません。


あとはミックスに関する記事を更新しました。
ほとんど自己流だから参考にはならない。OK。

【音楽】ミックスについて色々と【ハードなジャンル編】 : Ninveidersのゆる~り忍法帖 【音楽】ミックスについて色々と【ハードなジャンル編】 : Ninveidersのゆる~り忍法帖


 花夜

新作用のジャケットを制作中。
怪作・たこ武将の連載。
作業環境を良くしようと奮闘中。
ラーメン食べすぎじゃない?


 あとがき

5月はこんな感じでした。
6月もまったりやれたらいいな、という感じ。

Tumblrはじめたけど、何書いていいのか分からないから結局放置しそう。

終わり。

こんにちは(こんばんは)。

Ninveidersのサウンド担当、OwMyOwlです。


この度は当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

最近、自分のミックス・マスタリングの方向性がかたまってきました。
ミックス・マスタリングでお悩みの方や、なにかしらムシャクシャしてコンプのノブをぐりぐり回したい方、この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

今回は若干ハードなジャンルに対応するミックスについてです。

(この記事を参考にしても神ミックス師になれたり、ましてやLAのスタジオでグラサンかけてフェーダーぐいぐい突けたりはできないのであしからず)


 OwMyOwlがミックスで主に使用しているもの

Native Instruments Solid Bus Comp
・ドラムのバス、マスターに挿す事が多いです。
w
Native Instruments VC76
・リード楽器、ヴォーカル、その他目立たせたい楽器に挿します。
f
Native Instruments Transient Master
・基本的にドラムバスに挿します。
jj
Waves Oneknob Louder
・主にギタートラックに挿す事が多いです。
oneknob-louder
Waves Q10
マスターに挿して補正の際に使用します。
q10-equalizer
Waves L3-16
マスターに挿してクリッピングの防止を。
l3-16-multimaximizer
TL-64 Tube Leveler(SONAR付属のソフト)
・マスターに挿して使用します。
33
Toneforge Ben Bruce
・メインのギターアンプシミュレーター。
Amp_Lead_grande
TSE BOD(フリーソフト)
・ベースの音作りに使用します。
bod
特に変わったものなどは使っておりません。
一部フリーソフトや気の持ちようで代用できると思います。


 
パラデータのご用意を

・ギター、バッキング系楽器等の処理

自分のミックスは基本的に低域+中高域に分けて処理を行ないますので、特別な理由がない限り、
バッキングに使用する楽器の低域は80Hz以下をカットします。この処理を行なうと、少し音に迫力が足りなくなってしまうので前述のOneknob Louder等のマキシマイザー系プラグインで少し音圧を+していきます。

ハイパスフィルターで80Hz以下をカット。
1
マキシマイザー等で-3~5db程スレッショルド。
2


・ベース、その他低域の楽器等の処理

バッキング系の楽器の低域をカットした分、ベースにはそれより下の帯域を担当してもらいましょう。
前述のTSE BODなどのベースDIを挿し、音作りを行っていきます。コンプで補正も忘れずに。
ここでポイントですが、さらにベースより下の帯域(60Hz以下)をドラムのキックに担当してもらうので、ハイパスフィルターで60Hz以下をカットします。

さらにおまじないで、ピーキングで350Hzあたりをピンポイントでカットすると音の抜けが良くなる気がします(信用に値しない情報)。

TSE BODを使用した際のパラメータ。
3
コンプを使って補正。結構ガッツリ潰す事が多いです。
5
EQはこんな感じに。最終段に挿す事が多いです。
6


・ドラムの処理


結構簡単☆ドラムの音作り講座【第38回目】
  • キックの低域は60Hzから下を+3dbくらい、4000Hzから上を+3dbくらい
  • スネアはピーキングで200Hzを+3dbくらい、3000Hzから上を+4dbくらい
  • タムはスネアとほぼ同じ、ロータムあたりは若干低域をカットするのもあり
  • 金物はドラムバスにコンプをかけた際に持ち上がってきてうるさいので、高域をほんの少しカット。音量も抑え目で良いかも
  • 頑張るしかない
音作りはこういう感じになります。
パラアウトなどはお任せします(今回はドラムバスとしてひとまとめにします)。

ドラムバスにSolid Bus Comp等のよく潰れるコンプをかけます。
レシオ1.5くらい、スレッショルド-3dbくらい、アタックは遅め、リリースは早めに設定します。少し音がぱつんと詰まるような感じがベター。

次に、Transient Masterのようなドラム用のトランジェントエフェクトをかけます。
アタックは気持ち上げて、サステインは+20%くらい、アウトプットは音量が上がってしまった場合などに調整します。スネアのスナッピーが強調されるくらいが良いかもしれません。

最後に60Hz以下を少し強調するため、MaxxBassなどの低域強化のエフェクトをかけます。
こうすることによって、最近のメタルコア系でよく聴かれるどっしりとしたドラムサウンドになります。

コンプレッサーはこんな感じ。
7
トランジェント。スネアをカォーーーンみたいな(語彙力低下)
8



 だいたい完成、簡単にマスタリング

上記プロセスを経て、全てミックスした音源がこちらになります。



こちらの音源を簡易的にマスタリングします。

・簡易マスタリング

※今回はミックスの記事なのでマスタリングは適当に(画像も省いた)

最初にEQで20Hz以下と、20000Hz以上をカットします。
こうしておくことによって不要な帯域がマキシマイザーで持ち上がり、他の帯域がスムーズに音圧を稼げなくなる事を防止します。嘘です。適当です。

マスターにもSolid Bus Comp等のコンプをかけます。
レシオ1.5くらい、スレッショルド-4dbくらい、アタックは遅め、リリースは早めに設定します。

マキシマイザーはひとつではなく、複数挿します(今回は2つ)。
こうすることによってサウンドが破綻しにくくなります。
これも適当です。やらなくてもいい。

ひとつめはTL-64 Tube Levelerです。
スレッショルド-3dbくらい、クリッピングの値をMAXにします。
このプラグインは本来、音にアナログ感を付与するプラグインなのですが、なぜかアホみたいに音圧が稼げます。ソースにもよりますが、スレッショルドを-6dbくらいしても破綻しません。すごい。

ふたつめはL3-16です。
スレッショルドは-2.5dbくらい、アウトシーリングは-0.5dbに設定。
あまりスレッショルドを下げすぎるとアタック感のないサウンドになるので注意です。

最後にEQでトリートメントをしてあげます。
基本的に自分の場合は、高域をブーストして音の抜けをよくします。
6000、8000、10000Hzくらいをベルカーブで+1db位ブーストします。
上げすぎるとぶち切れたアニソンみたいなサウンドになるので要注意(?)


 お疲れ様です

では、上記プロセスを経た音源を聴いてみましょう。



こんな感じのサウンドになります。
これらが自分のミックス・マスタリングの手法になります。

参考にならない、お前の態度が気に食わない等あれば私のTwitterまで。
全力で謝罪させていただきます。ごめんなさい。

以上になります。
もしかしたら続編を書くかもしれません。

もっと詳しく書けよとか言われそうだけど、おわり。



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚


みなさまお世話になっております。
Ninveiders(ニンベイダーズ)のイラスト担当 花夜(かぐや)です。
この度は、当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

すっかり暖かくなりましたね...(`・ω・´)
IMG_0626
あら、またうちの寝そべりバクラさんが写りこんでますね(*゚∀゚)っ



さて、突然ですが
みなさまはお絵かき(創作)をするにあたって
『思うように描けない(できない)!!』
『気持ちが上がらない…』

などの『スランプ』に陥ったことはありますか?
また陥ってしまった時、どう対処していますか?


今回はそんな創作する者にとって最大の敵『スランプ』どうやって乗り越えていくか…!
花夜流 脱☆スランプ法の紹介をしていきたいと思います!
※かなり自己流なので参考程度にご覧ください…!※
あと、今回は文章多めです…




☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

その①
構図や服・装飾品の資料探しをする

わたしのスランプに陥る原因の半分はだいたいここにあります。
流れとして、

良いアイディアが浮かばない事に焦りながら描き進める
当然、思うように仕上がらない
創作意欲喪失

という感じになります。
今までは『自身の発想力や画力・才能の無さが原因だ!!』
と、すぐ決めつけ落ち込んでいました。

でも実際はただ単に資料の収集不足が原因だったのです。


自分だけの発想力では視野が狭くなり限界がきてしまう、
それは嫌でも見えてしまうものです…。

なので、描けない=無駄な時間、ではなく
『新たな発想力・画力を身につけるための時間』
と考えるようにしたら気持ち的に楽になりました!

そして資料探しをする中で
自分には無い新たな発想と出会い『また描きたい!』という気持ちに
させてくれる
ので
創作意欲も失われず維持できるようにもなりました!




ちなみに、わたしがよく資料探しで使っているのが


Pinterestはピンボード風の写真共有ウェブサイトでユーザーはイベント、興味のあること、
趣味などテーマ別の画像コレクションを作成し管理することができる優れもので
資料探しにはもってこいです!
また、他のピンボードを閲覧して自身のコレクションか「好み」の写真として
画像を「リピン」することもできます。

こんな感じで服・武器(装飾品)・ポーズの資料探しに活用しています
IMG_3691 (1)

大体は
Pinterestで収集していますが、
他にもアニメ雑誌や設定資料集などを見たりしています。

構図やポーズで行き詰ってるときは
こちらも参考にさせてもらってます


ポーズが決まらない時、よく助けられてます…!




☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

その②
参考書を読んでみる

一見普通なことのように思うかもしれませんが、
これも結構 脱☆スランプに繋がる鍵になります!
基礎的なことを学びなおす事
疎かにしてきた部分や、苦手な部分を再確認でき、
その克服法を身につけることができます、、、

…と言われても
ただでさえ気持ちが沈んでいるのに
苦手な部分に向き合え、なんて無茶な話ですよね




そこでご紹介するのが、わたくし花夜も愛読している…
ヒロマサのお絵描き講座シリーズ
こちらは、
お絵描きについて心底悩んだ経験を持つ作者・ヒロマサさん
読者の分身である助手ちゃんと進めていくお絵描きアドバイスマンガです。
「アタリとは何か?」という基本的なところはもちろん、
表情やキャラクターの描き分け方まで様々な疑問を丁寧に解説してくれます。

そして何より楽しみながら読んで学ぶことができるので、
日々の練習に心が折れそうな人、
お絵かき初心者の人にぜひオススメです!





☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

その③
絵のことを忘れて気分転換

①・②をしてみても気分が上がらないときの最終手段です。
(大体は①・②の方法でスランプ回避できるのですが…)

スランプ状態のままでずっと絵(創作)のことを考えていても
なにも生み出せないどころか、
最悪、創作そのものを嫌いになってしまうということも…


なので最悪の事態を避けるためにも一旦創作は忘れて
息抜きをすることも大切です

そのうち また『描きたい』という気持ちが自然と芽生えてくるので
それまでは思いっきり他の事を楽しむようにしています。



ちなみに、わたしがやっている主な気分転換は

作業場の整理や部屋の模様替え
音楽を聴きながら散歩
好きなキャラの画像検索
過去にハマっていたゲームを中古などで購入し遊ぶ

…などですね
そして上記の気分転換をした日は基本的に
いつもより早く寝るようにしています。

十分な睡眠をとることも脱☆スランプにはかかせませんからね!




☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

さいごに

最後までご覧いただきありがとうございます!!
以上が 花夜流 脱☆スランプ法の紹介 になります。
今回ご紹介した方法は、かなり自己流なので参考程度にご覧いただけたら幸いです…!

この記事が、絵を描いている時上手くいかず悩んでいる方、
またこれから絵を描いていこうとしている方達の
お役に少しでも立てれば嬉しく思います。


それでは、また次の記事でお会いしましょう!ヾ(´ω`=´ω`)ノ
IMG_0629

↑このページのトップヘ